これはまずい・・試作品、実演動画無しのプロジェクターが890万円集めている | Lucent 1.0

Lucent1 admin




Lucent1.jpg

Lucent(ルーセント)1.0は、小型のプロジェクターです。長辺14.5cmとコンパクトです。

Indiegogoのプロジェクトです。しかし非常に大きな問題があります。

内容

Lucentはワイヤレスで画像を受信し、プロジェクターとして壁に画像を映します。

Lucent2.jpg

・・・・と書いてはあるんですが、試作品の画像もなければ実演動画もありません

プロジェクトのページにある動画は、こんな感じです。製品のCGと思われるものが登場した後・・

Lucent3.jpg

無線で飛ばせること、使い道の紹介、などが現れ・・・

Lucent4.jpg

ロゴが出て終わりです。本当にこれだけ・・・? と驚きを禁じ得ません。実演以前に仕様もよくわかりません。

Lucent5.jpg

動画はこちら。

製品の特徴としては、すごく明るいということが挙げられています。しかし15cmぐらいのコンパクトなところで、そんなに明るい光源が作れるのでしょうか。レンズ、ライト、冷却ファンなど、普通の液晶プロジェクターが大きいのには、それなりの理由があります。

LucentはLED光源使用ということで確かにコンパクトにはできるでしょう。しかしその分カタログスペックで1800ルーメンと暗いです。そもそもカタログ通り出れば、ですが。

Lucent6.jpg

さらにファンなしで静か、という点も挙げられています。光源にLEDを使っているので発熱が少ない、ということでしょう。原理的には確かにそうですが、それも実物が動いている場面がないと確認できない話です。

Lucent7.jpg

ものすごく盛大な絵は載せてあるんですが・・・。これだけみても何もわからないです。

Lucent8.jpg

さらに3D対応とのことです。でもこれって赤青めがねの系統でしょうか? 詳細はプロジェクトのページに書いてないので不明です。

カラーで3D表示をするには、フレームレートを上げたり、投影されるスクリーンにも仕掛けが必要です。

Lucent9.jpg

まとめ

現在、総額約890万円集まっています。

お値段は$150+送料$5で、$155(約18,100円)です。

期限は2/5までですが、お金を出さない方がよいと思います。筆者なら絶対に出しません。
https://www.indiegogo.com/projects/lucent-1-0-the-first-powerful-micro-projector#/

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons