ちょっと意外。空気枕内蔵でどこでも寝られるパーカーが、3100万円集めた HYPNOS(ヒプノス)

admin




HYPNOS1.jpg

HYPNOS(ヒプノス)は、空気枕が内蔵されたパーカーです。いつでもどこでも寝られることが特徴です。

そんなにあちこちで寝るかな?とも思えますが、どういうわけかなかなか好評です。2,557人から約3,100万円集まっています。

使い方

疲れていてとても眠い・・。

HYPNOS2.jpg

あるいは夜遅くまで作業していて疲れている・・。一眠りするとすっきりしそうです。

HYPNOS3.jpg

そこで編み出されたのがこのパーカーです。一見するとGAPとかで売ってそうな感じですが・・。

HYPNOS16.jpg

フードの部分が枕になっていて、どこでも寝られるようになっています。

HYPNOS4.jpg

仕組みは非常に単純で、フードの部分に空気枕が入っています。

HYPNOS5.jpg

空気枕は口で膨らませて使います。この辺は、旅行用の持ち運び枕と同じですね。

HYPNOS6.jpg

持ち運び枕との違いは、違いはパーカーに内蔵されているのですぐに使えるよ、という点です。

例えば在来線の電車やバスでちょっと寝たい・・なんて時にわざわざ空気枕を取り出すのも、なんだか大げさです。新幹線や飛行機なら自然ですが・・。

HYPNOS7.jpg

空港で次の飛行機が来るまで寝たい、というときにも活躍します。はたから見るとあたかも枕など内容に見えます。

HYPNOS8.jpg

すぐに寝られるといっても膨らます手間はあるのでは・・というのは確かにそうです。ただ、膨らませたままでも一応移動できるようになっています。

下の写真は膨らませた状態です。フードをかぶりっぱなしになりますが、とりあえずこのまま動けます。

HYPNOS9.jpg

しぼませるには、普通にフード部分を押します。

HYPNOS12.jpg

しぼんだ状態だと、当然ながら普通のパーカーです。

HYPNOS10.jpg

モデルは二種類用意されています。Fittedの方は、名前の通りぴったりフィットします。

HYPNOS13.jpg

こちらはRelaxed。見た感じ違いがわかりませんが、こちらの方が余裕があるゆったりした作りになっています。

HYPNOS14.jpg

まとめ

お値段は$69+送料$45で、$114(約13,400円)です。Relaxed版のほうです。

送料が妙に高いですが、運送会社から提示された額がこの額だったとのことです。現在は送料を下げることを最優先にして動いているそうです。当初はあまり数が出ないという想定だったからかと思います。

まあこんなに受けるなんて予想できないですよね。そこもクラウドファンディングのおもしろいところだと思います。

2016/1/12まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/502337607/hypnos-the-worlds-best-sleep-hoodie

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons