インチキ防止カメラ付き! 自宅に居つつ世界中と対戦できるダーツボード Darts Connect(ダーツ・コネクト)

Darts Connect1 admin




Darts Connect1.jpg

Darts Connect(ダーツ・コネクト)は、自宅に居ながらにして世界中の人と対戦できるダーツボードです。iOS、及びAndroidに対応しています。

おもしろいのは、インチキ防止用のカメラがついていることです。

開発者は香港人です。

使い方

使い方は簡単です。あらかじめ、スマホ、またはタブレットに専用のアプリをインストールしておきます。

Pic2.jpg

本体のスイッチを入れます。

Pic3.jpg

アプリを開きます。

Pic4.jpg

本体に内蔵されたWi-Fiとアプリを接続します。これで準備完了です。

Pic5.jpg

ボードに矢が当たると、内蔵センサーが反応し、スマホ、またはタブレットに結果を表示します。

Pic6.jpg

Darts Connect(ダーツ・コネクト)を使うと、スマホを通じて世界最大級のダーツ・コミュニティで対戦相手を探すことができます。最大4人まで同時に対戦できます。

Pic7.jpg

対戦相手とは、音声やメールでやり取りすることができます。まあここまでは普通ですね。スマホの対戦ゲームというのは普通にあるので。

Pic8.jpg

カメラ機能

おもしろいのはここからです。

オンラインの向こうの相手と公平に対戦するために、Darts Connectにはカメラが内蔵されています。

Pic9.jpg

ボードのセンサーが矢を感知すると、自動的に投げた人を撮影し、画面に表示します。

Pic10.jpg

正しく投げればこのように撮影されます。いかにも投げました、という感じです。

Pic11.jpg

しかしズルをして、近くまで行って投げると・・・。

Pic12.jpg

こんな風に顔のアップになってしまいます。なんでそんな近くに居るんだよ!と対戦相手に怒られてしまうわけです。

もちろんこれで100%インチキを防止できるわけではないですが、全くないよりはいいんじゃないでしょうか。遊びですしね。

Pic13.jpg

3Mの両面テープを採用しているので、壁に設置するのも簡単です。背面にあるテープの紙をはがします。

Pic14.jpg

壁につけます。壁を傷めることはありません。

Pic15.jpg

USBで充電するか、または単3乾電池4本で作動します。

Pic16.jpg

カラーは二色で、白もあります。

Pic17.jpg

カメラ搭載というのが日本人にはない発想かもしれません。少なくとも日本のメーカーは作らないと思います(笑) インターネットで知らない人となると抵抗があるんじゃないでしょうか。

まとめ

お値段はAUD245+送料AUD45で、AUD290(約25,400円)です。

2016/1/1まで注文受付中でした。目標額7万AUD(約610万円)を超えました。
https://www.kickstarter.com/projects/1357215946/darts-connect-the-worlds-first-smart-online-dartbo

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons