4億円集めた、手のひらに載るドローンを作るプロジェクトが破綻 ZANO

zano1 admin




zano1

手のひらに載るサイズの小型無人ヘリ(ドローン)を作ろう、というプロジェクトがありました。ZANOという名前で、2014年11月15日にKickstarterへ掲載されました。
https://www.kickstarter.com/projects/torquing/zano-autonomous-intelligent-swarming-nano-drone

12,075人から約4億円集まりました。このプロジェクトが破綻しました。

何が起こったか

2015/11/18、開発元のTorquing Groupは最新の進捗報告で破綻の報告をしました。

今回の進捗報告は、お金を出した人のみ見られるように設定されています。そのため筆者も見ることができませんでした。
https://www.kickstarter.com/projects/torquing/zano-autonomous-intelligent-swarming-nano-drone/posts/1418526

しかしイギリスの公共放送BBCが伝えるところによると、会社は破綻したとのことです。
http://www.bbc.com/news/technology-34858171

正確には、株主による自主的精算処理(creditors’ voluntary liquidation)です。会社が借金を払えなくなったので(債務が履行できないので)、自ら会社を閉鎖し、残った資産を売り払って借金の返済に充てる、という手続きです。

Kickstarterでお金を出していた人に対する返金は、現在どうなるか不明です。しかし破綻したということは、返金できる可能性はきわめて低いと思われます。

また開発会社の責任者であったIvan Reedmanさんは、健康上の理由と和解しがたい相違(irreconcilable differences)のため会社を辞任しました。

出荷はされていたが・・

zano2

画像出典: BBC

ZANOの開発自体はある程度進んでいました。

しかしBBCの記者が2015年8月に会社を訪問して実際に飛ばしてもらったところ、クオリティが非常に低かったとのことです。

Kickstarterのデモ動画では華麗に飛行していましたが、実際のZANOは飛びはするものの、壁にぶつかったりして完成度はとても低いものだったとBBCの記者は伝えています。
http://www.bbc.com/news/34787404

またお金を出した人に対しても、ZANOはいくつか出荷されていました。全員が受け取ったわけではありませんが、一部の人には出荷されていました。

しかし受け取った人によると、やはり問題が多数あり落胆したということです。

Kickstarterのデモ動画

zano3

Kickstarterのデモ動画ではうまく飛行しており、完成度の高さを伺わせるものでした。しかし実際のZANOは動画とはほど遠いものでした。

これはつまり、デモ動画はねつ造であった、ということに他なりません。加工したのか、飛んでいる場面をうまくつなげたのかわかりませんが、何らかの操作があったことは疑いありません。もちろんKickstarterの規約では禁止されています。

まとめ

・手のひらに載るドローン、ZANOの開発元が破綻した
・約4億円集つめていた。これは非常に高額な部類。
・製品は一部出荷されていたが、デモ動画とはほど遠い完成度だった

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


2コメント
  1. えす
    • 管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons