BLOCKS(ブロックス) 好きなパーツを組み込んで、自由に機能を追加できるスマートウォッチ

BLOCKS1 admin




BLOCKS1

BLOCKS(ブロックス)は、自分で好きなパーツを組み込んで、自由に機能を追加できるスマートウォッチです。

組み込めるパーツが結構おもしろいです。

使い方

人はそれぞれライフスタイルが違います。

BLOCKS4

でも持っているスマートフォンの機能はほとんど同じです。もしスマートウォッチを検討中なら、自分用にカスタマイズできるものにしてみては?というのが開発者の主張です。

BLOCKS5

そこで生まれたのがBLOCKSです。一見すると、なんということのない腕時計に見えます。

BLOCKS13

しかし実は、ベルトの駒の部分ひとつひとつがGPSなどの機能を持っています。好きなパーツをつけることで、目的に応じたスマートウォッチを組み立てることができます。

BLOCKS6

ベルトの駒の中身はこんな風に電子部品が入っています。

BLOCKS3

パーツはいろいろありますが、例えばバッテリーモジュールを使うと電池の量を増やすことができます。

BLOCKS15

BLOCKSの電池が切れかかってしまった時は……

BLOCKS7

予備のバッテリーモジュールと入れ替えることで電池の残量が復活します。充電と違って待たなくてもよいところが便利かもしれません。

BLOCKS14

GPSモジュールを組み込めば、自転車で移動した経路を記録することができます。

BLOCKS8

NFCモジュールを使って、スマートウォッチでの支払いも考えられています。現状はアメリカとイギリスのみで対応検討中です。現状は統一方式がないので他で使えないのは仕方のないところです。

BLOCKS9

このほかにも、心拍数測定モジュール、高度・気圧・温度測定モジュールもあります。心拍数測定はランニングする人や自転車に乗っている人には役立ちますが、そうでない人にはあまり役立ちません。必要な人だけ組み込めるというのは効率的です。

高度・気圧・温度は登山用の腕時計に備わっている機能ですね。普段使っている時計を、モジュール入れ替えで登山用にできるというのはよいかもしれないです。

BLOCKS2

皮膚の電気を測定し、どのぐらいストレスが溜まっているかを測定するストレスモジュールも考えられています。ただしこのモジュール自体はまだ構想段階です。

BLOCKS16

ジェスチャーモジュールを使い、腕の操作で電気を消したりできます。このモジュールも構想段階かもしれません。明確な記載がありませんが。

BLOCKS11

SIMモジュールも計画されており、スマートウォッチ単体でインターネットに接続できるようになります。ただし通信はGSM方式なので、日本では使えません。

BLOCKS18

時計本体部分もBluetoothやWifi機能を搭載しています。これを使ってエアコンの操作もできるようになっています。

ただこのBLOCKSが積んでいるOSはAnroid Wearではありません。家電操作アプリの種類も多くないはずです。BLOCKSから操作できるものも限られるんじゃないかと思います。

BLOCKS10

画面はタッチスクリーンになっています。

BLOCKS12

腕の太さにより、つけられるモジュールの数は違います。太い人は4個、細い人は3個です。

BLOCKS17

このKickstarterのプロジェクトで選べるモジュールは
・追加バッテリー
・心拍数
・GPS
・NFC
・高度・気圧・温度
です。

モジュールは今後も追加予定とのことです。

まとめ

お値段は本体+パーツ4個のセットが、$285+送料$25で、$310(約36,900円)です。

2015/11/20まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/2106691934/blocks-the-worlds-first-modular-smartwatch

関連記事

nexpak20

レゴブロック感覚でスマホケースをカスタマイズ! バッテリーやレーザーポインターを組み込める nexpaq(ネクスパック)

スマホケースに、バッテリーなど好きなパーツを組み込めるようになっています。スマホは既存のものを使えるところがBLOCKSとの違いです。

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons