ワインやビールを、ウイスキーのように熟成させる?!木製ボトルという奇抜なアイデア | Oak Bottle(オークボトル)

Oak Bottle1 admin




Oak Bottle1

Oak Bottle(オークボトル)は、木製のボトルです。

ワインやビールを、ウイスキーのように熟成させてしまおういう、なんとも奇抜なアイデアです。

使い方

ウイスキーの原酒は透明です。しかし蒸留後、オーク材による木製樽に入れて熟成させることで色がつきます。木の成分が酒の中に染み出すことで色がつき、ウイスキー独特の味わいが生まれます。

同じ蒸留酒でも焼酎とウイスキーでは味にかなり差がありますが、その理由の一つが樽による熟成です。(もちろん原料も違いますが) 画像出典: Flickr

Oak Bottle5

ウイスキーではこのように熟成させますが、ビールやワインでは樽による熟成は行いません。瓶や缶に入れてしまいます。

しかし、あえてビールやワインもオークで熟成させてはどうか・・?というのがこのOak Bottleです。ガラスではなく木製の瓶というところがポイントです。

Oak Bottle6

角材を切り出し、中身をくりぬいて作られています。

Oak Bottle2

重要な点は、炎でボトルの内部を焼いていることです。

Oak Bottle3

ボトルの中は、この通り黒焦げになっています。実際のウイスキーの樽も焦がしていますが、同じことをこのボトルでもしています。焦がしている理由は、成分が溶け出しやすい、香りがよくなるためです。

Oak Bottle7

最終的にできあがるのがこの木のボトル。なかなかの質感です。普通はガラスなので、変な感じですが・・。

Oak Bottle4

このボトルにワインやビールを注ぎ、一日二日ほどおいて熟成させます。ビールではなくウイスキーを入れ、自分で熟成させることもできます。

Oak Bottle8

しかし、この方法で本当においしくなるのでしょうか? 当然開発元はおいしいと思っており、まずいと思っていたらそもそも作る訳はないです。しかし味というのは主観的な要素が強いので、やはり飲んでみないとわからないと思います。

そこで開発元は、ブラインドテイスティング(銘柄を隠して味見)を無関係の人にしてもらいました。

Oak Bottle10

数値では公表されていませんが、結果はこのボトルを使った味が良好だったとのことです。

この実験ではワインとウイスキーをボトルに入れて比較しています。なぜかビールではやってないです。個人的にはビールだとどんな味になるのか気になります。

Oak Bottle9

課題

一度使ったあと、ボトルを再利用しようとするとどうでしょうか。前に入れていたお酒の味や香りがわずかに残り、混ざってしまうのではないでしょうか。ボトルの構造上、よく洗うというのも難しいです。

同じ銘柄のウイスキーを入れ続けるなら問題はないと思います。しかしビールを入れたあとにワインを入れてしまうと、微妙に変な味になってしまいそうです。

開発元は、ワインやウイスキー用など、種類を分けて持っておくことを推奨しています。

このボトルと同じようなコンセプトのものに、Whiskey Elementsというものがあります。

Whiskey Elements1

ウイスキーにオーク木片を浸して、自分専用の味を作る Whiskey Elements(ウイスキーエレメンツ)

Whiskey Elementsの場合、ボトルは既存のものを使い、木片をお酒に浸すという仕組みです。こちらも再利用すると味が混ざりそうですが、ボトルと違って値段が安いため、複数使い分けるということが行いやすいです。

まとめ

開発元はアメリカです。フランス人からは絶対に出てこなさそうなアイデアです。

お値段は750mlのボトルが、$75+送料$30で、$105(約12,500円)です。

2015/11/5まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/oakbottle/oak-bottle-age-wine-whiskey-beer-and-cocktails-in

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons