小学生の子供に向けた、キューブをつなげて簡単に作れるロボットキット | Robo Wunderkind

admin




Robo Wunderkind1

Robo Wunderkind(ロボ・ヴンダーキンド)は、キューブをつなげてロボットを作ることができるキットです。ロボットの学習用として小学生の子供を対象にしています。

名称の語源はわからないですが、ドイツ語として読むとwonder childという意味になります。

使い方

近年、Arduinoの登場によりロボットが簡単に作れるようになりました。しかし小学生が使うには複雑すぎて、敷居が高すぎます。子供でも簡単にロボットを作れるようにできないだろうか? というのが開発の出発点です。

Robo Wunderkind2

一方でレゴブロックは、子供でも簡単に使えます。ブロックを組み合わせるだけでいろいろな形を作ることができます。(かっこいい物を作ろうとすると絵心が要りますが・・)

Robo Wunderkind3

ではレゴのようにつなげて作れるロボット作成キットがあればいいのではないか・・? そこで生まれたのがこのキューブです。

Robo Wunderkind4

各キューブには、モーターやバッテリーなどが内蔵されています。キューブの面には穴が開いていて、ここを使ってブロックをつなげることができます。

Robo Wunderkind5

ブロックをつなげると、こんなふうに簡単にロボットを作ることができます。はんだ付けも配線もないので、確かに簡単です。

レゴブロックとも接続できるようになっているので(接続専用のジョイントがあります)、デコレーションして遊ぶこともできます。

Robo Wunderkind6

モーターブロックに車輪を取り付けると、実際に動かして遊ぶことができます。

Robo Wunderkind7

制御はiOSとAndroidのアプリから行います。キューブとはBluetoothで接続します。

Robo Wunderkind9

アプリには各ブロックが表示されており、音に反応してモーターを動かす、障害物をよけて走らせる、光りに向かって走らせる、といったことが設定できます。

この部分は子供だけだとちょっと難しいかもしれません。大人の手助けが必要な場合もありそうです。

Robo Wunderkind8

この例は車輪を前後につけていますが、自由な発想でいろいろ作ることができそうです。

Robo Wunderkind10

セットはいくつかありますが、スターターキットの場合、モーターと車輪x2、近接物体センサー、サーボモーター(精密動作モーター)がついています。

Robo Wunderkind11

SONYのMESHに近い部分もありますが、子供向けに特化しているところが違いかと思います。

まとめ

お値段は、スターターキットが$149+送料$20で、$169(約20,200円)です。

2015/10/30まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/startrobo/robo-wunderkind-a-programmable-robot-for-kids-of-a

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons