大きさ17mm、重さ10g、世界最小のスマホ充電器。嘘ではないが… | The Nipper(ザ・ニッパー)

thenipper1 admin




thenipper1

The Nipper(ザ・ニッパー)は、世界最小のスマートフォン充電器です。イギリスのロンドンで開発されました。

非常に小型というのは嘘ではありませんが、それなりに理由もあります。

使い方

The Nipperは縦・横・高さそれぞれ17mmの立方体からできており、重さは約10gです。名実ともに世界最小の充電器です。

thenipper2

このように、キーホルダーにつけておいても違和感のないコンパクトさです。

thenipper3

The Nipperを使うには、立方体部分を2つに開きます。その中に単三電池2本をつないでスマートフォンに接続すると充電がスタートします。

対応機種はUSB使えるもの、つまりAndroidなどです。

thenipper4

実際に充電しているときにはこのようになります。

乾電池を使うので、充電器本体は非常に小型というのがオチです。電池だけならコンビニで買えるので、これはこれで使い道もありますが。

thenipper5

単に電池をつなげただけに見えるますが、実はそうでもないです。電池2本で1.5V+1.5V=3.0Vですが、出力となるUSBは5Vです。直結しただけでは充電できません。非常に小型ですが、この中に昇圧器が入っており、5Vにまで電圧を上げています。

thenipper20

単三電池2本だけで充電が可能なため、メッセージを打っているとき、

thenipper6

地図を見たいとき、

thenipper7

ゲームをしているときにあると便利なアイテムです。

thenipper8

デザインには、4種のClassic Nipper(クラシックニッパー)と、

thenipper10

2種類のPremium Nipper(プレミアムニッパー)があります。ストラップ部分が革製になっています。

thenipper11

仕様

thenipper9

乾電池で充電できる量は、開発元の実験では500mAhです。スマートフォンのバッテリーは最近だと3000mAhぐらいあるので、16%ぐらい充電できるということになります。

充電時間は、HTC one M7で試してたところ、20%充電するのに1時間かかったとのことです。

ころんとしたフォルムが魅力的です。実際の充電には電池が必要であり、充電パフォーマンスもさほど高くないのがネックですが、緊急時には役立ってくれるアイテムです。

まとめ

お値段はClassic Nipperが£15 + 送料£5で計£20(約3,700円)、
Premium Nipperが£20 + 送料£5で計£25(約4,700円)です。

2015/9/11まで注文受付中です。
https://www.kickstarter.com/projects/nipper/the-nipper-the-worlds-smallest-phone-charger

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons