テレビの大画面を、Androidタブレットに変えるグッズ Touchjet WAVE(タッチジェットウェーブ)

Touchjet1 admin




Touchjet1

Touchjet WAVE(タッチジェットウェーブ)は、テレビをAndroidタブレットに変えるグッズです。大画面で手を使ってジェスチャ操作できます。

Androidを使用しているので、山ほどあるアプリを使えるところが大きなメリットです。

使い方

WAVEはテレビの上に取り付けます。あとはテレビのHDMI端子とWAVEをつなぎます。WAVEから赤外線が出され、腕の動きを検知します。

Touchjet5

例えばYouTubeで動画を見ているとき、腕(指)のジェスチャーで再生位置を移動させることが出来ます。

Touchjet7

再生位置が巻き戻されました。

Touchjet6

中身はAndroidになっており、Google Play Store(アプリストア)からアプリをインストールすることが出来ます。Hulu(動画サービス)なども使えます。

Touchjet8

動画を見るだけでなく、ニュースを読む場合にも役立ちます。読みたい記事だけジェスチャーで選択して読めます。

Touchjet9

地図で出かける先を確認したり。もちろんスマホでもできますが、大画面というところがメリットです。

Touchjet10

ゲームも大画面で楽しめます。

Touchjet13

娯楽用としてだけでなく、仕事用にも使えます。

Touchjet14

単に大画面に写すだけではなく、ジェスチャで回転させたりすることができます。3Dモデルを回転させたりするのに便利です。発表者以外の人も操作できるところがメリットです。

とはいえ、こういった場合はノートパソコンをつないでマウスで操作した方が楽かもしれません。

Touchjet15

さらにタブレットで画像を上に押し出すと・・

Touchjet16

テレビの画面に転送されました。

Touchjet17

課題

アイデアはおもしろいのですが、課題もあります。

まず空中で手を動かしてジェスチャをするのは疲れます。それに空中で動かすということは触っている感覚がなく、操作しづらいと思います。スマートフォンやタブレットは直接触って操作するので、こういった問題は起きませんが。

かといって液晶モニターを手で触ると、画面が痛みます。タッチパネルの場合は触れるように表面を保護していますが、通常の液晶画面はそういった措置がとられていません。

精度

また、どのぐらい正確に手の位置をとらえてくれるのか、という精度の問題があります。ホーム画面でアイコンを押したとき、違うアプリが起動したらイライラすることは間違いありません。

赤外線で手の位置をとらえるもとしては、既にLeap Motionなどが販売されています。Leap Motionは横方向の動きには結構強いですが、縦方向には弱いです。このWAVEにも同じような問題があるのではないかと予想します。

まとめ

お値段は$129+送料$30で、$159(約19,000円)です。

2015/9/11まで注文受付中です。
https://www.indiegogo.com/projects/touchjet-wave-turn-your-tv-into-a-giant-tablet/x/8276897#/story

【参考】Kickstarterで支援時、必ず知っておくべきこと


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Show Buttons
Hide Buttons